詐欺 バイナリ―オプション

MENU

バイナリ―オプションで勝ち続けるには、高度な戦略が必要

バイナリーオプションは、その内容からもギャンブル性が高いといわれており、一部の人からはゲームとしてみなされているほどです。このバイナリ―オプションをゲームの一つとしてやっているのであれば、そこそこ楽しんでできるものとなります。ですが、純粋に投資として、資産を増やそうとした考えでやっているとしたらちょっと厄介。バイナリーオプションは、FXよりかははるかに簡単におこえますが、勝ち続けるのはとても難しいものなのです。

 

勝ち続けるのが難しい理由としては、丁半博打とまさに同じだからです。ギャンブルの一つである丁半博打は、2つのサイコロを振っておこないますが、そこに出てくる偶数と奇数の表われる確率は50%です。簡単にいえば、2分の1の確率を競うゲームです。確率論における「大数の法則」からも、勝率は50%に近いものとなります。

 

ただし、ゲームには胴元という、そのゲームを仕切っている人物が存在します。当然ながら、ゲームの場を提供してもらっている事に対して、手数料をこの胴元に払わなければいけません。つまり、手数料分がマイナス分として確定しているわけです。大数の法則からも瞬間的に勝てるかもしれませんが、最初からマイナス値が存在しているということは、確実に資金が減っていくということ。長期的に見て、資金が増えるどころか減っていくことが数学的にも実証されているのです。

 

バイナリ―オプションは、この丁半博打にとても似ています。勝率50%に胴元の存在がマイナスになっている…ということは、利益を出すには勝率をあげていかなくてはいけません。それは相場の流れを読み、タイミングよくベットしていくという高度な戦略が必要となります。


短時間で勝率50%は神業

バイナリーオプションで儲けるには、勝率50%を超えることが絶対条件となります。時間の制限がなければそこまで難しいものとはなりませんが、バイナリーオプションのような時間が制限されている中でレートを見極めるのは大変です。為替レートの動きというのは、上昇トレンドもしくは下降トレンドにあったとしても、ノイズと呼ばれる現象がかならず起こります。短時間でこのノイズがいつ起こるのか…それを予測することは相当難しいもの。

 

10分後の状態をあてるなんてものは、このノイズの影響を強く受けます。強いトレンドやサポレジに跳ね返されたなんて、レートが一方向に動きやすいような時でも、必ずノイズはおこるのです。一時的にレートが動かされた…なんて、誰もが経験したことがあるはずですし、そのタイミングを予測する事なんて並大抵のものではありません。ある意味、短い時間に2つに1つの選択を迫られるバイナリーオプションは、このノイズが起こるかどうかを予測するものともえいます。その予測を、50%を超えて成功させるなんて…出来る人はそういないのです。

 

つまり、バイナリーオプションはFXよりも難しい投資。単純なゲームほど難しいとはいいますが、バイナリーオプションは、まさにそれに当てはまるものといえます。