詐欺 バイナリ―オプション

MENU

アフィリエイトで金融商品取引法律違反行為になる!?

バイナリーオプション取引による儲けを出すためにと、業者によるヤラセブログがあります。それだけじゃなく、アフィリエイトによる報酬を目的とした個人ブログも増えています。このアフィリエイトによるバイナリーオプションの報酬は高額となっており、ある業者では1件の成功報酬が15,000円といった高額設定になっているのです。

 

自分のブログを通じて新規ユーザーが口座を開設し、そこに入金するだけで1万円以上のお金がもらえるのですから、これほどおいしいアフィリエイトはそうそうないでしょう。こうしたアフィリエイトによる新規顧客の開拓を目的に、バイナリー業者は積極的にセミナーなどのマーケティングも展開しているのです。アフリエイトプログラムに参加してみませんか?…なんどといったメールを、ブロガーの人に送っているのもそうです。

 

アフィリエイトは、それだけみたら健全な経済活動です。ある意味に、商品が流通するためのなくてはならない大事な広告ツールとなります。ですが、そこで紹介される商品に重大な問題があったらどうでしょう?それは、トラブルを巻き散らかして被害者を増やす要因を作っていると行為となってしまうのです。そうしたことからも、本来は罪に問われることもないアフィリエイトが、金融商品取引法律違反行為で捕まるかもしれない…なんてことも起きています。

 

実際、関東財務局においてはアフィリエイトに対して警鐘を鳴らしています。「口座開設をサポートします」や「キャッシュバックリベートを提供します」といった内容のものがあれば、金融商品取引法違反行為(無登録営業)としてそれなりの対応をするかもしれません…ということ。ただ報酬金額が良かったからといって安易に中身を見ないで紹介すると、こうした手痛いしっぺ返しをくらうこともあるのです。


無登録業者じゃないのか確認

今や、バイナリーオプション取引でアフィリエイトで紹介することは、金融商品取引法違反行為(無登録営業)として捕まる可能性もでてきています。確かに、トラブルが絶えないバイナリーオプションですから、知らず知らずに詐欺師の手伝いをしていることにもなってしまうわけです。片棒を担いだとして、その責任を追及されてしまうのもいたしかたないといえます。逆に、違法な行為をしているとおもわれるブロガーを見かけたら、通報する事も必要。それが、未来の被害者を増やさない、ひいては自分もこうしたトラブルに引っかからないようになるのです。

 

金融庁では、インターネットのホームページにおいて、無登録で金融商品取引業をおこなっている業者名を公表しています。ほとんどの業者が会社名は出さずにサービス名などでホームページを作っているのも、まさに確信犯なものからでしょう。
わくわくバイナリーやバイオプ、バイナリープラス、トレードラッシュ、オプショントレーダー、ミリオネアオプション、VIPオプション、ギャラントFX、BOBOX、オプテック…などなど。こうした名前を見かけたら注意。自分が利用しているサービスがあれば、きちんと登録されているのかどうか確認するようにしましょう。